Manolin El Medico De La Salsa -La Mitad de la Habana-

Manolin El Medico De La Salsa

CDについて

Manolín, El Médico de La Salsaの「Para mi gente」
アルバム・1996年・12曲

アルバムの曲順で記載しており、その中でおすすめな曲を随時更新していきます。

1|”La Bola (Opening)”

2|”La Mitad De La Habana”

La mitad de La Habana

この曲は美しいですね。Manolinの曲で一番すきです!

歌メロは短いですが何回でも聞いてられるなぁー。
ホーンの美しいのでフレーズもどこを聞いてもきれいで口で歌いたくなります。

1:25からMontunoにはいるんですが、ピアノとシンセのダブルTumbaoは耳に残ります!
2:55 ボンバはお決まり3.4拍目のバスドラム、クラーベでブレイクダウンからのロックビート!さらに元のリズムに戻った時にシンバルに行って更にもう一段階あがっていくのがMuy Bien!
4:05のボンバはちょっと違うバリエーションになってますね。前半と反対の方がよかったきがするなーそれかどちらかに統一するか。

3|”Todo Mi Amor Es Para Ella”

※ItunesやYoutubeトピックチャンネルで3曲目「Todo Mi Amor Es Para Ella」の曲名表記ですが「La Mitad De La Habana」の曲が流れる為ご注意してください!

4|”Aventura De Amor”

5|”Te Conozco Mascarita”

6|”Se Busca Una Muejer”

7|”Hay Amores”

Hay amores

音色やCDの音質から90年代の臭いがぷんぷんしますね!これがたまらんのですが。笑
歌へのホーンレスポンスが素晴らしいですね、全然そういうところは全然年代を感じないです。
1:57からMontuno(コーラスと歌の掛け合い)なんですが、常にバスドラムが3.4拍目をたたいていて、カンパーナもハーフタイム。Cumbiaみたいなパターンをメインに演奏しています。いい感じにゆったりとノレますね!4:36エンディングは急にジャズっぽく終わりました!笑

8|”Que Fina”

9|”Ella No Vale Nada”

10|”Me Pasé De Copa”

Me pasé de copas

この曲は進行が好きですね!最初の最小限のベースを聞いただけてテンション上がりました!そのうちこのコード進行で曲作ってみたいですね!
悪い方をすれば曲の展開などアルバム通して同じようなのが多いのですが「「すぅー」っと馴染んできて聞き心地がいいんですよね。
2:23マンボで一度ブレイクダウンするアレンジは好きですね!4回繰り返しフレーズの中でテンションを上げていきます!5:13のベースかっこええー!

11|”Voy A Mi”

12|”La Bola”

La bola

最初のピアノTumbao聞いただけで「La Bolaや!」ってなり痺れます!Tumbaoは埋めればいいってもんじゃないです!
0:32から派手な6連符のホーンフレーズでオープニングを終えそこから歌メロに行くのですが、堂々とクラップと歌だけ!シンセも入っているんですが、これだけだなぜがばりおしゃれに聞こえるんですよ。。。Manolinマジック!

2:08「Y ahora soy el rey,si te gusta bien y si no también」とかこの曲他のコロも全部ですが、韻を踏んでいます。歌うとちょっと呂律が回らないですがばり聞きやすいです。
3:15ボンバの時の太鼓フロアタムとバスドラムの交互連打のフィルいいですね!ティンバならではというかSalsaでは絶対に出てこないです!その後のベースの「ブーン」ってなるスライドが一ずつなのも非常に良いです。「Habana de primera」の”Pa mi gente”(アルバム名も一緒やん) なんかもインスパイアされてんのかなとかちょっと思ったりして。笑

最後に

いつも記事を読んでいただきありがとうございます。

キューバ音楽(カルチャー)好きの一人として好きな音楽をいろんな方に広めればと思って紹介をしています。

僕は評論家でもないので誤った情報などもあると思いますがそこはご了承ください。さらに詳しい情報など知っている方いらっしゃいましたらいつでもコメントお願いします!

他のアルバムやアーティストなど気になる方はこちらからどうぞ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました